年間の行事予定


新茶のおいしい季節のお茶会です。
5月6日頃の立夏より後に京都近辺のお寺をお借りしてお茶会を催します。 初風炉月でもあるので、お席は風炉のお手前でおもてなしします。 春期茶会の時期には、まだ入部している新入生は少ないですが、 お茶会の雰囲気を知ってもらうために、お手伝いをしてもらっています。



新入生はここではれて「お客様」から「部の一員」になります。
6月の中旬頃に御家元同席のもと御家元のお茶室で、新入生の紹介を兼ねたお茶会をします。 このお茶会には、紫清会をを支えてくださっている先生方も来てくださいます。 これから茶道をしていく上で大切なことを教えていただける良い機会です。



秋茶会に向けて本格的な練習が始まります。
9月に近畿圏で5泊6日の合宿を行います。この合宿で1回生はお手前はもちろん、 準備の仕方、お茶の出し方など、お茶会をする上で必要なことを身に付けます。 また、この間浴衣を着てお稽古をするので、着物のときの作法なども学びます。



1回生のお手前デビューになります。
京都女子大学の文化祭で茶道部では毎年「和風喫茶」をしています。 文化祭は1回生が主体となって運営してもらいます。 喫茶店の中にお手前席を設け、1回生にお手前をしてもらいます。



1回生のお茶会デビューになります。
11月の初めの立冬より後に、京都近辺のお寺をお借りしてお茶会を催します。 炉開きの季節でもあるため、本席は炉のお手前でおもてなしします。 各学年がそれぞれの働きをし、一番紫清会らしいお茶会といえます。



卒業生のためのお茶会です。
3月の卒業式前後にお家元同席のもと「燕庵」で卒業生を送るお茶会をします。 このお茶会には、紫清会をを支えてくださっている先生方も来てくださいます。 いままでの感謝を込めて部員一同でおもてなしします。



来年度の春茶会に向けての合宿です。
3月の卒業茶会後に京都で4泊5日の合宿を行います。
新入生を迎えるに当たっての準備と、春茶会の準備とで大変な合宿です。 この合宿は普段のお稽古と同じ服装で行います。一年間の練習の効果が感じられる合宿です。


ホームに戻る