新 入 部 員 募 集 中
 
能楽部宝生会では常時部員を募集しています!
現在部員は1回生7人、2回生7人、3回生3人、4回生7人の計20人で活動しています。
新入生は勿論、1回生のとき授業が忙しすぎてサークル入り損ねた!って2回生でも大丈夫!
実際2回生のときに入部した先輩もいます。
短大生や寮生、バイトをしたり司書など資格を取っている人もいますよ♪

「能楽部」って何?
単に「能をするサークルです!」と言われてもピンとこない方も多いと思います(^^;
宝生会では皆さんが能と聞いてイメージするような、面をつけたり衣装を着ての
長い能は基本的にしていません。
主にもっと気軽に取り組める、仕舞という能の一部を抜粋して舞うものをしています。
仕舞は個人でやりたいものを選び、基本的に一人で舞うので常に自分が主役です☆
源氏物語や平家物語に登場する人物、神サマ、天女、天狗、狐などなど・・いろんなものになれます。
じゃあ具体的にどんなお話ができるの?と思った方はこちらへ>>
さらに上回生になると、鼓や笛などのお囃子に合わせて舞う、ちょっと長い舞囃子もできます。
連吟や素謡(すうたい)もしています。これは簡単に言ってしまえば、台本を坐った状態で能と同じように謡うものです。

これが宝生会!
私たち能楽部宝生会は、毎週火・木・金曜日18:00〜20:00に活動しています。
他のサークルの活動時間より遅いなぁ・・と思われたかも知れません。
しかしそのおかげで授業の多い一回生の皆さんでも、また司書資格の授業を取っている方でも
全く練習に出られない!ということはないと思います。
帰りの夜道も先輩やみんなと帰れるので大丈夫(^^)
部員も楽しく優しい人たちばかりです。
能って敷居高そう・・とか、謡なんて難しそう・・なんて思ってるそこのアナタ!
愉快な先輩方と能へのそんなイメージを払拭して下さい。

その他にも
・袴、着物の着つけができるようになる。
・希望の方は笛や鼓も習える。
・京大、同志社をはじめとする全国の大学との交流も。
・年に一度、全国大会で東京、金沢、名古屋等へ行ける。
・人とは違う一芸は就職にも有利!
・先輩たちに教科書をもらえたり、テストのヤマを教えてもらえたりで単位取得もラクラク♪
などなど特典いっぱい!

能楽部観世会さんとどこが違うんだろう?と思われた方もいるのでは?
ズバリ流派の違いです。その名の通り観世会さんは観世流を、私たちは宝生流を習っています。
宝生流の特徴としては「謡宝生」とも言われ、五流派の中でも謡が美しいと言われています。

お稽古
練習内容は火曜日に仕舞のお稽古、木曜日は謡(うたい)のお稽古
そして金曜日に自主練習をしています。
仕舞はプロの女流能楽師である石黒実都師に、謡は京大宝生会のOBでもある吉本正春師に
毎週学校へ来て指導していただいています。
週に二度のお稽古なんて、一般の素人ではまずありえません。部費も少ない(コソッ!)
こんなすばらしい環境で能を学べるのは学生の特権ではないでしょうか??

長々と説明してみましたが、実際私たちの雰囲気を見ていただいた方が早いかもしれません(^^)
練習場所は22校舎2階奥です。
ちょっと奥まってて分かりにくいところですがこちらの地図を見て恐れず来てみてください(笑)
練習時間以外はBOXへどうぞ。K校舎(学生会館)の307です。
部員がお茶とお菓子を用意してお待ちしています♪場所はこちら
ちょっとでも興味を持って頂いたら、どうぞ気軽に質問&見学に来てください。
メールでのご質問も気軽にどうぞ(^^)

最初はみんな初心者ですから、出発点は皆同じです。
せっかく京都で学生をするなら、他ではできないことをしてみませんか?

'07.04.03更新
 
HOME