第51代京都女子大学合気道部

Schedule Members BBS(Q&A) Diary Link                  
練習時間月・火・木・金 18:15〜19:30
水(師範練)  15:00〜17:00
練習場所仮設校舎B



 合氣道とは?
開祖である植芝盛平翁(1883〜1969)が日本古来の武術を究め独自の精神哲学でまとめ直した現代武道です。
また、他の武道とは違い合氣道は基本的に試合を行いません。 その理由は敵を倒すために技を鍛練するのではなく自分自身の気を稽古によって練る自己の心身鍛練が目的だからです。
試合がない代わりに演武会などで日頃の成果を披露することはあります。
普通稽古は、2人1組となってお互いに交代で技を掛け合いながら行います。また初めのうちは受身の取り方など一通りの基本動作を学んでいき、次に技の練習に移っていきます。 何種類かの基本技を初心者は形から、上級者はより正確で無駄のない技を繰り返し稽古することで上達していきます。
合氣道は1つの技でも打ち方(正面打ち・横面打ち・突き)、とり方、つかみ方によって変化し、木刀・杖・短刀などの武器を使うものもあります。 流派や大学によっても異なり、京女ならではの技もあります。